MESSAGE

新宿区上落合 上落合歯科クリニックの診療内容

 

診療科目


歯科一般

診療内容

 
歯科、予防歯科、矯正歯科、小児歯科、歯のクリーニング、ホワイトニング、審美、入れ歯、インプラント、往診(訪問診療)

治療方針

当医院は、安心、安全、丁寧な歯科治療を心がけています。器具の消毒、滅菌は万全を期しております。
また当医院は『歯科外来診療環境体制(外来環)』の施設基準に対応した歯科医院です。これは、診療時に緊急事態が起こった際に対応ができる環境整備
・自動体外式除細動器(AED)
・経皮的酸素飽和度測定器(パルスオキシメーター)
・酸素(人工呼吸・酸素吸入用のもの)
・救急蘇生セット
が整っており、治療器具の滅菌など感染症対策を確実に行っている歯科医院が厚労省から認定を受けることができる制度です。歯科外来診療における院内感染防止対策に十分な体制の整備、十分な機器を有し、歯科医師会などで研修を受けた歯科医師が常勤しています。

新聞などで歯を削るドリルの取り付け部分であるハンドピースについて、半数近くの歯科医療機関が患者さん毎に交換を行っていない可能性がある、との報道がなされました。当院ではハンドピースや治療器具は必ず消毒滅菌を行い、処理後は個別包装をして保管しておりますので、患者さんへの感染汚染を避けることができます。
また、紙コップや注射針などは使い捨てタイプを使用しております。

治療方針も患者様に納得いただいた上でおこないます。費用、期間についても患者様の御意向をきちんと理解した上で治療を行います。
なお当院は保険治療を原則としておりますので高額な自費(自由診療)を強引にお勧めすることはありません。

自由診療(自費)も都内相場より割安価格で設定しています。品質、技術ともに手抜きは一切ありません。また医院長は歯科技工士の国家資格も持っており、丁寧で確実な治療をモットーとしております。
例えばセラミックの詰め物30,000円~、セラミック冠60,000円~です。(税別)。
もしあなたが金属の詰め物や被せものが気になっているのであれば、ご一考いただく価値はあると思います。(費用や期間についても相談に応じます。)どうぞ安心してご来院ください。

自由診療の価格 (税別)

  • セラミック(ハイブリッド)詰め物 30,000円~
  • セラミック(ハイブリッド)被せもの 60,000円~
  • セラミック(金属裏装)被せもの 90,000円~
  • オールセラミックス 被せもの 100,000円~
  • ホワイトニング(上下別) 30,000円
  • ノンクラスプ義歯(金属のバネが見えない入れ歯) 150,000円~
  • 金属床義歯(薄くて割れない入れ歯) 250,000円~
  • インプラント(上部構造は別料金) 200,000円~

 

診療案内

虫歯の分類、治療

 

C0 初期の虫歯 要観察歯とも呼ばれています。痛みなどの自覚症状はありません。
要観察歯は適切な指導や定期的な観察を行うことにより、削らずにすむことができます。治療はフッ素塗布などで虫歯の進行を予防し防ぐことができます。

C1 歯の表層(エナメル質)だけの虫歯です。痛みなどの自覚症状はほとんどありません。治療は虫歯の部分を削り、レジンという白いプラスチック製の材料を詰めます。

C2 エナメル質の中にある象牙質まで進行してしまっている虫歯です。冷たいものや甘いものがしみるようになったり、食べ物が歯と歯の間にはさまりやすくなったりします。治療は虫歯の部分を削り、レジンか金属の詰め物を詰めます。虫歯の大きさや場所、かみ合わせの状態により材料が異なります。

C3 歯の神経まで及ぶ虫歯です。温かいものがしみたり、噛むと痛い、ズキズキ痛みがあります。治療は神経がある部分をきれいに消毒して神経があったところに薬をつめ、レジンや金属の詰め物を詰めますが、神経がない歯は色が徐々に変色し、もろく欠けたり割れたりしやすくなるので土台をたて被せ物をすることが多いです。

C4 歯の根の部分しか残っていない虫歯です。神経が死んでしまい痛みを感じなくなりますが突然、歯ぐきが腫れて痛みがでたり、全身の健康にまで影響を及ぼす場合があります。治療は感染した歯質を取り除き、きれいに消毒して神経があったところに薬をつめ、土台をたて被せ物をしますが、余りにも虫歯が進行してしまっているのは、やむなく抜歯することもあります。

 

成人で一番多い感染症は歯周病

歯を失う一番の原因は虫歯ではなく、歯周病だと言われています。成人の約8割の人が歯周病になっていると言われていますが、歯周病とはプラーク(歯垢)や歯石の中の歯周病菌によって歯を支える歯ぐきや歯根膜などの歯周組織に炎症が起きてしまい、骨が溶ける病気です。骨は感染に弱い組織なので生体が防御反応として自分自身で自分の骨を溶かしてしまいます。進行が進むと最終的には歯を支える骨がなくなってしまい、歯が抜け落ちてしまいます。

初期段階では痛みが全くないため、痛みがでた時にはすでに重症になっていることが多いです。また歯周病菌が血管を通り全身に回り全身の組織や臓器へ影響を与え、口臭、喫煙、ストレス、飲み薬(血圧を下げる薬など)糖尿病、心疾患、早期低体重児出産、誤嚥性肺炎、骨粗鬆症、癌などと関連していることがわかってきました。

 

治療

歯周ポケットにたまったプラークは歯磨きではすべてを除去することができません。毎日食事をすればお口の中が汚れます。そのため、定期的に歯科医院でメンテナンスを受けてプラークや歯石を除去することで、歯周病の発症・進行を防ぐことができます。反対に、歯周病の症状が出ていることを確認していても、痛みなどの症状がないからと放置してしまうと、どんどん症状が進行し、最終的には歯が抜け落ちるということにもなりかねません。早めに歯科クリニックで処置をしてもらいましょう。